沖縄 気象台。 沖縄の天気予報(12月4日)曇りや雨 本島地方と先島諸島は北東の風強く吹く

(5年) -が10寮1司で発足し、その一つに。 10月1日 - 5測候所• 情報基盤部長 : 倉内利浩• 1927年 昭和2年 4月5日、蚊坂 ガジャンビラ に鉄筋コンクリート造りの庁舎群と地上約90メートルの無線大鉄塔2基が竣工、5月5日から気象業務を開始した。

14

(13年) - に伴っての外局となる。 (昭和31年) - 運輸省の外局となり、現在の名称である 「気象庁」に改称。 天塩川氾濫注意情報解除 天塩川洪水予報 第2号 洪水注意報解除 2020年11月21日午前2時10分 旭川開発建設部 留萌開発建設部 旭川地方気象台 稚内地方気象台 共同発表 天塩川では、氾濫注意水位を下回る 【主文】 誉平水位観測所 天塩川の誉平水位観測所(中川郡中川町)では、21日01時50分頃に、「氾濫注意水位」を下回りました。

18

業務課• 復帰後の沿革 当初、気象庁は沖縄の本土復帰に合わせて「 那覇管区気象台」への改組を計画したが、との折衝の結果、ミニ管区とすることにし、「 沖縄気象台」となった。 予報課 - 天気予報や各種気象警報・注意報を発表する。

18

近藤純正 「」 ホームページ• 多良間航空気象観測所(:RORT)• また、3日夜のはじめ頃から北東の風が強く吹く見込みです。 航空測候所 - 3測候所 ・・• 波照間航空気象観測所(:RORH)• 3月1日 - 6測候所• 沖縄戦 琉風の碑 1944年 昭和19年 10月10日、沖縄では大空襲があり、特に那覇市は集中的な攻撃を受け、市域の90%が焼失した。

9

(2020年9月29日)• 「梅雨の時期の降水量の平年比(地域平均値)」は、全国の気象台・測候所等での観測値を用い、概ね梅雨の期間に相当する6~7月(沖縄と奄美は5~6月)の2か月間降水量の平年比 % を各地域で平均したものです。

2

それに伴い、中央気象台から出張勤務していた本土出身者は引き揚げることになり、業務は地元出身者のみで運営されることになった。 1945年 昭和20年 3月24日から艦砲射撃が加えられ、沖縄地方気象台も攻撃の対象となり大変危険になったことから、庁舎の南方に掘った防空壕に移転することになった。

9

1945年 昭和20年 4月1日、沖縄本島に米軍が上陸し地上戦が始まった。 沖縄気象台:『わが国の亜熱帯地方における気象とその予報-主に南西諸島を中心として』(気象庁、気象庁技術報告第102号、1982年3月) 関連記事 [編集 ]• 荒川秀俊「日本気象学史」、河出書房、1941年。

18

全国の11地方予報区の一つ「沖縄地方」の地方予報中枢である。 沿岸の海域ではうねりを伴い、先島諸島はしけており、沖縄本島地方と大東島地方は波が高くなっています。 1967年 昭和42年 10月17日 琉球気象庁長が本土気象庁部長会議に初出席。

1