7 本 指 の ピアニスト。 サワコの朝【7本指のピアニスト西川悟平…逆境をプラスに変える前向きな生き方】[解][字]

それは、決まった動作を行うときにだけ筋肉が異常収縮する、いわゆる 「職業ジストニア」という病気で、悟平さんの場合は、ピアノに向かうと指が動かなくなってしまうものです。 一度、彼のリサイタルを聴いてみたいものだ。 当日の模様はライブ配信されます。

5

ーー強盗犯に演奏?! 結局2人の強盗犯は8時間も滞在し、盗ったものを全て返し、『ちゃんと鍵をかけとけ!』と言い残し帰っていったという。 「泥棒に入られて、物は取られず、機械を直してくれて最後には、ドアを開けるときはよく確認しろよ、とまで言われたなんて!」と聴衆をわかせました。

11

脳の大脳基底核、視床、小脳、大脳皮質などの活動が過剰になる異常が原因とされる運動異常症の症候名である。 西川悟平40才バースデーコンサート。 幸せだと感じていたが、「夢のような生活を送っていた」ことから来る張り詰めた気持ちと朝方までの猛烈な練習のほころびが来ます。

19

ニューヨークのリンカーンセンターで弾けば大きな拍手に包まれ、著名ピアニストに身近に接することができる環境。 そのために、「チューバ」で 音大に行きたいと思っておられたそう。 偶然にも私と同じ1974年生まれということもあり、同じ歳で頑張っている西川さんを応援したいと思いました。

1

また、緊張のあまり一度は出演を断ったというデビュー公演の秘話を披露。 7本しか指が動かせないとは到底思えない力強いその演奏には、画面を通して聴いても、人の心を動かす何かがあると感じられ、私の胸に強く響いた。 音楽家は練習のし過ぎで発症することもあるという難病、ジストニアと診断され、両手の演奏機能を失った。

2

そこは、バイリンガルの幼児教育に定評のあるアメリカ・コネチカット州の学校法人です。

8

その時は 「チューバ」という楽器を 担当されていたそうです。 。

13

小学校の頃は、 世界的映画スターになるのが 夢だったそうです! 中学の時には、 ブラスバンド部に所属されていました。 接客業を選んだのは、 人が好きだったことと、 和菓子も好きだったからだそうです。

2