屋敷 の 拝み。 屋敷拝みの手順とぐいす:琉球スピリチュアルマネージメントoffice「 つなぐ」 琉球神記

そうすればきっと与えられます」やこぶ1:5. 拝みごとを大事に思っている人こそ、不安になるのですね。 これらを司祭するのは多くの場合、霊能者やウグヮンサーとよばれる者である。 我が家では一年忌の法要が終わっていない内に、年末のウグァンブトゥチ(御願解き)を行いましたが、ヒヌカンへお供えをするウブク(ご飯)は 赤ウブク(赤飯)は避け、白ウブク(白ご飯)にしました。

16

家の四隅に立ち神の守りが永遠である事、守りの御使いが遣わされていることを宣言します。 ヒヌカンを仕立てていない家でもできる方法なので、ぜひ参考にしてください。 沖縄の御願では、 ヒヌカンへの日々の拝みもありますよね。

4

確信したら必ず確認が与えられます。 。

6

相手の人格を認めている事を理解させる為です。 また、特に沖縄で屋敷の御願の際に お仏壇(祖霊)まで拝むかどうかは、家によっても大きく違いがあるところです。

17

恐れてはいけません。 旧暦12月・・・旧暦12月24日までの都合のいい日に行います。

13

そのため玄関へ向かって トゥシパラヌカミへ拝めば、他の屋敷の神々にも伝わります。

線香の数は地域的・個人的な違いが大きい。 ユシンヌカミは漢字で書くと 「四隅の神」、つまり屋敷の 東西南北の角々にいて、それぞれの役割を果たしてくださっています。 神々の皆さまのお力で、この家の家族が皆、 健やかに幸せに暮らしていけますよう、これからもどうぞお見守りください。

16

ただ、 赤ウブクを用意してください。 直進してやってくる邪悪なものの「キリンチ」(切り返し)として設置される「ヒンプンと石敢當(いしがんとう)」。 そのため 旧暦十二月二十四日には、このヤシチヌウグァン(屋敷の御願)を終えた後、 ヒヌカンを掃除して沖縄では「ウグァンヌトゥチ(御願解ち)」を行い、 ヒヌカンをお見送りするのです。

そして、家族の健康と家の繁栄を祈願することが拝みの本質だということだ。 白紙を燃やし、酒をたらして消す。 「ウガンタティ(御願立て)」とは 新年に行う、一年の祈願です。

14