未来 英語。 未来を表す表現 will, be going to, be

「後世」を表す英語表現は「future generations」以外にも「 next generations(次の世代)」や「 after ages(後世)」「 the world of the future(後の世)」など色々な表現方法があります。

3

続いて 「go nuts」。

3

これらはすべて未来の決まっている予定を表すもので、 予約や約束、日付が決まっているものです。 つまり、「未来」の出来事や状況を「予想」するときに「will」を使う。 英語:You will be welcome if you will come tomorrow. 明日持っていきますね。

1

ラプンツェルは生まれて一度も出たことのない塔を飛び出してきたわけですから。

13

) 「be going to+play(する)の原形」で未来の予定を表します。 未来完了形の完了は、 「過去のある時点」で始めたり 「現在」から始める動作が、 「未来のある時点」で完了する ということを表します。

2

「未来の自分」は「my future self」になって、「想像」は「imagine」になります。 「 no distant」は「遠くない」という意味ですよ。 試験のことは心配するな。

6

(彼女はあす彼に電話をするつもりです。 ちなみに「imagine」は「想像する」という意味ですよ。

12

英語の未来形|副詞節で未来を表現する場合は「現在形」 「副詞節」では、未来を表すときも「現在形」を用いる。