ラ カンパネラ 弾ける 人。 ラ・カンパネッラ

クラシック全般に言えることとして、解釈の自由が許されている。 そのあたりも含めて、色々と質問させていただきました。

2

そんな時に、テレビでフジコ・ヘミングがカンパネラを弾いていたので、妻に「カンパネラを自分の手で弾く」「発表会でカンパネラを弾いたら子供たちがビックリするだろう」と言ったら、妻は「無理・無理・絶対無理・逆立ちしても無理」と言って相手にしてもらえませんでした。

3

今は、初心者でも、楽譜が読めなくても、歳をとっていても、プロ級の曲を弾けるようになる時代です みなさんは、 徳永義昭さんという方をご存知でしょうか? 徳永さんは49歳から、ピアノ経験ゼロ・楽譜が読めない状態で、リストの「ラ・カンパネラ」という、たいへん難しい曲の練習を始め、数年後、コンクールやステージで演奏ができるまでになりました。

7

今回のラ・カンパネラの徳永さんも前述の文章でおっしゃっていますが、大人が続けていくためには、大きな目標が必要だと私も思っています。 仮に4歳から習ったとしても10年なら14歳です。 通過はしましたがギリギリ通過の小さなトロフィーを頂きました。

そういう意味で、徳永さんという方の存在を知れたことは私にとっても大きな財産になりました。 この曲を一生懸命練習すれば、皆さんが今までに弾いて来られた曲が前よりも断然弾きやすくなっていると思います。 逆に4月~9月の5か月間は反対に暇で、その期間は毎年コンペ3(本選合わせて)・エリーゼ音楽祭・ステップ3・発表会3(知り合いのピアノの先生の招待)・老人の慰問2など合わせたら月3回ステージに立っています。

17

- ピティナ・ピアノ曲事典• その部分を、右手だけ重点的に繰り返し練習するとか、あるいは、(面白くない曲ではありますが)ハノンなどで鍛えられたらいかがでしょうか? A ベストアンサー 難しいかどうかはレベルによるのですが、上級者にとってはショパンは弾きやすいです。

6

(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。 7現在)はコンクールに入選したり、ピアニストさんの前で演奏したらニューヨークで演奏しないかというオファーをもらうまでになったというお話をご紹介してきました。

1

その彼女に「人間やろうと思えば何でも出来ない事は無いと思うよ。