川内 優輝。 川内優輝が8年ぶりに自己ベスト更新 びわ湖毎日マラソンで快挙続出 鈴木健吾が日本新記録 (2021年2月28日)

2016年8月21日の第35回北方領土ノサップ岬(ハーフ)マラソンは3年連続トップでゴール(ゲスト参加により公式順位・記録なし)。 一つはペースメーカーを務めた1月末の大阪国際女子マラソンをにらみ、練習では10年前ぐらいのように余裕を持って距離を積んできたこと。

ゴールする75鈴木健吾=皇子山陸上競技場(撮影・齊藤友也) びわ湖毎日マラソンは28日、大津市皇子山陸上競技場発着で行われ、鈴木健吾(25)=富士通=が日本選手として初の2時間4分台となる2時間4分56秒の日本新記録を樹立して優勝した。 で日本人トップの2位 ながら田中のゴールタイムより18秒先着のが選出された事に関し、川内は「やっぱり優勝して選ばれないのは…私は優勝の田中さんを真っ先に選ぶのもアリだと。 その裏には、日々の練習をしっかりと記録、分析し、反省する繰り返しの作業があったのである。

6

新型コロナウイルスの影響がマラソン界にも及ぶ状況も踏まえ「開催してくれたおかげで、10年前から目標にしてきた7分台を出せました。 0 km 7区・区間41位 39分57秒 埼玉代表・総合37位 02月 06日 第65回 21. 走るうえで大切なことを教えてください まず一番大事なことはけがをしないことですね。 2つ目は、今大会に向けた最後の1カ月のトレーニングで実業団のコモディイイダの練習に加わり、大阪国際への土台があった上でスピードの刺激が入ったこと。

18

更に同大会では史上最多となる4度目の優勝を成し遂げた。 41km付近で日本男子暫定首位だった中本を追い抜き、ゴール直前で8位のを必死に追い縋るも、僅か3秒及ばず惜しくも入賞はならなかったが、3回目の世界陸上では自身最高順位となる、日本人トップの9位でフィニッシュした(中本は10位、井上は26位に終わった)。

6

けれども、私たちはそればかりではなく、マラソンを中心に何かイベントや講演を組み合わせたりして、地域を盛り上げる地域貢献をしたいから、川内さんとスポンサーシップを結びたいんだ」という言葉をいただきました。 父親は優輝が当時高校3年生の2月、により59歳で逝去。 地元である久喜市の鷲宮商工会が何らかの形で応援できないかと、町おこしで関わりのある漫画・アニメ『』の作者、に応援キャラクターの制作を打診、川内のアイデアを取り入れた、のに姿のの少女「」が作られた。

13

中間点付近で一旦は日本人争いの集団から遅れるも徐々に追い上げ、36km過ぎで・に追いつき、その後二人をかわして日本人トップの2時間10分を切るタイムをマークし、3位でゴール。 「川内はどこまでもガチやからな……」 一緒に取材した川内をよく知るS記者は、その背中を見送りながらうれしそうに言った。

5

2011年2月27日閲覧。 同年10月30日に開催のは、日本男子ではトップとなる4位だった。

5

0975 km ゲスト出場(1位) 1時間03分58秒 ゲスト出場のため参考記録 06月16日 第8回隠岐の島ウルトラマラソン 50. その2時間後には1500mも出場し3分56秒台の記録で各ゴールした。 それから僅か1週間後の4月20日、では途中腹痛により20km過ぎでトイレに駆け込み、3分近くのロスタイムが発生しながらも同マラソンの大会新記録で13回目のマラソン優勝。

4