大林組 採用。 大林グループ|オーク設備工業株式会社

このテレビCMでは初めて「火」に遭遇した原始人と佐藤健さんが演じる謎の人物とのやり取りを通じて、困難や恐怖を乗り越えて「拓く」ことこそがものづくりの起点であり、人類の発展につながることを訴求している。 コロナという困難を乗り越え、以前よりも、いつの時代よりも、より素敵な世界を人類みんなでつくっていけることを信じています」(奥野さん)。 VFXと制作。

18

ゼネコン大手の大林組が、水槽で人工海水をろ過して循環させながらアワビを養殖する技術を開発した。

6

今後数年で販路開拓やコスト低減といった課題に取り組み、事業化を目指す。 。

9

大林組は2016年に開発した浅橋下面の点検ロボット「ピアグ」の機能拡充を進めている。 2019年7月に5000万画素の専用カメラを搭載した改良型を製品化し、認知拡大に注力している。 柔らかくて磯臭さがないのが特徴で、担当者は「味は天然と比べて遜色ないレベルだ」とアピールした。

10

循環式陸上養殖技術の実証装置 出典:大林組 循環式陸上養殖技術の実証実験は、清浄な海水を好み水質など成育環境を適切に管理することが求められ、かつ近年漁獲量の低下によって養殖への期待が高まっているアワビを対象に、東京都清瀬市の大林組技術研究所で実証装置を設置し、1年間検証を重ねた。 このビジョンの策定にともない開始した新企業広告のイメージキャラクターに、俳優の佐藤健さんを起用した。 そこで今般、知見を活用し、環境負荷が少なく安全・安心な食を提供することを目指し、排水が少ない循環式陸上養殖技術を開発した。

この意外な驚きをなんとかテーマにしてスローガンを作り、コミュニケーションをしていきたいと考えました」と話すのは、電通クリエーティブディレクター 奥野圭亮さん。 関連記事• 1月1日には30段の新聞広告を出稿し、東京・渋谷、新宿、品川などでOOHも展開している。 その結果、アワビを育成するのに適切な温度管理や水槽の衛生管理手法も確立したことで、殻長が3~4センチのアワビの稚貝を、約1年で平均7センチ程度、最大で8. さらに、アワビの育成に関しては、適切な水質測定に基づく、ミネラル補給や清掃などの調整ノウハウを会得し、安定した成長を促すことが可能となった。

16

循環式養殖の国内での成功例は極めて少ないが、アワビの安定供給を図るとともに、従来の海面養殖で問題となっている海水汚染を防ぐ。 「つくることはいつだって、常識や困難を超え、次の幸せを叶えることの連続である。 ストーリーの要となるのは、人類のものづくりの起源だという説のある、落雷によって生まれた「火」。

さらに人類学の有識者による監修も受けながら、細かな表情、毛並み、挙動、その一つ一つにこだわり、原始時代の空気を再現している。 そんな中で立ち上がるコミュニケーションとして、人々に希望や勇気を持ってもらえるものが作りたかった。 今後は、現場での検証に協力してもらえる試験導入企業と、金融や人事など他のシステムも統合するためパートナー企業を募り、2020年度下期の提供開始を目指す。

今回のテレビCMで佐藤さんが演じたのは、数百万年前の原始時代に突如姿を現した「謎の人物」だ。 大林組は水辺の工事で環境を守るために培った技術を活用し、海水がろ過装置を通る際に微生物を使ってふんや残った餌を分解、除去する仕組みを開発した。 そしてそれは、人類の起源から変わることのない歴史の事実だと思います。

17