Dish 猫 歌詞 意味。 DISH// 猫 歌詞&動画視聴

そうだ、 彼女は「猫」になったんだった、と 自分に言い聞かし… 自分勝手な思いだと感じながらも、また ふらりと現れて慰めてほしいと願ってしまう「彼」。 繰り返し は、音楽や詩など 音を伴う言葉表現 には非常に効果的です。

1

これは『猫』が発表された当初のあいみょんのコメントだ。

2

まるで映画「TENET」のような 謎解きの楽しみがあります。 猫の姿になった彼女でもいいから、自分のそばに戻ってきてほしいという「彼」の感情が、切ないほど伝わってきます。

16

一度きりのテイクで、何をみせてくれるだろうか。 つまり作品に真剣に向き合う姿勢と自分のものとして解釈する力を持っているということだ。 それは演奏を聴けばわかる。

17

この映画で知ることができた。

試聽 在 KKBOX 中開啟 猫 作詞: 作曲: 詞:あいみょん 曲:あいみょん 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか 笑っちゃう 家(うち)まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろそうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を 君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまた あの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで 無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を 君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた幸せで. 11月11日 水 には「猫 ~THE FIRST TAKE ver. 一緒にいた彼女を手放してしまったという悲しみ… 何も考えられず、何もかも投げ出したくなる気持ち、わかりますよね? このまま僕も夕焼けの炎の中へ飲み込んでくれないかという切ない「彼」の心情がリアルですね。 果たして、この歌詞にはどんな思いが描かれているのでしょうか?夕焼けが燃えてこの街ごと明日が不安だ とても嫌だ「 「 一緒にいた彼女を手放してしまったという悲しみ… 何も考えられず、何もかも投げ出したくなる気持ち、わかりますよね? だげどもそうはいかないよな「落ち込んでいたって明日はまたすぐやってくるんですよね… こんなにも心は疲れきっているのに、朝はやってくるし、いつもの日常が訪れるんです。 』で映画初出演、ドラマ『太陽と海の教室』でドラマデビュー、雑誌で読者モデル特別賞を受賞もしています。

その過程で「君」は少なからず悲しんだのかもしれません。 作詞:あいみょん,作曲:あいみょん。

5