コンサドーレ 札幌 掲示。 持株会

その後も成績は伸びないどころか逆に敗退を重ね、これで負けてしまえば自力での挽回が不可能という状態となった9月29日の第27節の川崎F戦でも惨敗。

からJリーグが2部制に移行するため、Jリーグ下位4チームとJFL優勝チームによるに参加した。

天皇杯はJ1の市原、大分を破りベスト8に進出した。

3

深川友貴 2003年 - 2010年• クラブの公式ツイッターによると、ヴィエイラは来日した後、隔離期間を経てチームに合流することになるという。

20

東芝サッカー部 - 移転経緯 Jリーグブームの高まりを受け1993年10月に札幌青年会議所が中心となりJリーグチーム誘致に向け誘致推進特別委員会を設置し署名活動を開始、1994年1月27日には誘致活動母体となる「札幌SJクラブ」を立ち上げ9月22日までに約31万人の署名を集める。 この年も新人のが高卒1年目でレギュラーを獲得した。 氏名 生年月日 年齢 前所属 在籍年 備考 1 1984-05-03 (36歳) 2018年 - 2018年 - 2019年は期限付き移籍 元 21 1995-02-07 (25歳) 2013年 2014年7月 - 2015年6月 2016年 - 2017年4月 2018年 - U-18出身 29 1990-01-26 (30歳) 2020年2月 - 新加入 期限付き移籍 34 1999-03-05 (21歳) 在学中 2020年 - 47 2002-07-16 (18歳) 北海道コンサドーレ札幌U-15 2020年6月 - 2 1985-09-13 (35歳) ベガルタ仙台 2009年7月 - 2010年 2017年7月 - 3 1996-06-07 (24歳) コンサドーレ札幌U-18 2015年 - 日本代表 5 1992-12-16 (27歳) 2015年 - 2015年 - 2016年は期限付き移籍 15 1998-06-14 (22歳) 北海道コンサドーレ札幌U-18 2017年 - 20 1993-11-26 (27歳) ベガルタ仙台 2017年 - 32 1997-05-26 (23歳) 2020年 - 新加入 2019年は特別指定選手 日本代表 37 2002-10-25 (18歳) SSS札幌Jrユース 2020年 - 2種登録選手 7 1994-04-24 (26歳) 2019年 - 2019年は期限付き移籍 8 1995-03-11 (25歳) コンサドーレ札幌U-18 2013年 - 10 1989-06-28 (31歳) 2008年 - 14 1992-06-06 (28歳) 浦和レッズ 2018年 - 2018年は期限付き移籍 18 1993-10-05 (27歳) 2017年7月 - 2017年 - 2018年は期限付き移籍 タイ代表 19 1994-05-01 (26歳) 愛媛FC 2018年 - 23 1993-02-24 (27歳) ベガルタ仙台 2019年 - 26 1985-09-19 (35歳) 2017年 - 27 1993-04-20 (27歳) コンサドーレ札幌U-18 2010年 - 30 1997-07-30 (23歳) 2020年 - 新加入 2019年は特別指定選手 31 1997-12-29 (22歳) 2020年 - 新加入 2019年は特別指定選手 U-18出身 38 2003-01-02 (17歳) 北海道コンサドーレ札幌U-15 2020年 - 2種登録選手 4 1998-09-10 (22歳) 北海道コンサドーレ札幌U-18 2017年 - 日本代表 9 1988-07-25 (32歳) 2020年10月 - 新加入 11 1993-09-15 (27歳) 2019年 - 16 1999-05-26 (21歳) 北海道コンサドーレ札幌U-18 2018年 - 33 1995-01-16 (25歳) 2020年 - 新加入 期限付き移籍 J1第5節までは「ドゥグラス・オリベイラ」名義で登録 35 1998-07-09 (22歳) 在学中 2020年7月 - 特別指定選手 39 2002-06-25 (18歳) 北海道コンサドーレ札幌U-15 2020年 - 2種登録選手 40 2003-09-03 (17歳) 2020年 - 2種登録選手 45 2002-06-08 (18歳) 在学中 2020年9月 - 特別指定選手 48 1982-05-07 (38歳) 2017年7月 - 元 期限付き移籍加入の選手 [ ] Pos 選手名 生年月日 年齢 移籍元 移籍期間 備考 GK 1990-01-26 (30歳) 2020年2月4日 - 2020年12月31日 FW 1995-01-16 (25歳) 2020年2月 - 期限付き移籍中の選手 [ ] Pos 氏名 生年月日 年齢 在籍年 移籍先 移籍期間 備考 DF 2000-07-23 (20歳) 2019年 - 同年8月 2019年8月1日 - 2021年1月31日 育成型期限付き移籍 U-18出身 MF 2000-05-31 (20歳) 2019年 - 2020年11月 2020年11月 - 2021年6月30日 FW 1998-06-11 (22歳) 2019年 2020年2月1日 - 2021年1月31日 札幌と対戦する公式戦出場不可 加入内定選手 [ ] Pos 選手名 生年月日 年齢 現所属 加入年 備考 GK 1999-03-05 (21歳) 2021年 現在として在籍 FW 1998-07-09 (22歳) 2002-06-08 (18歳) 外国籍選手 [ ] -- -5月 10月- 背番号の変遷 [ ] 0-10 [ ] 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 2020 使用不可 菅野孝憲 石川直樹 進藤亮佑 菅大輝 福森晃斗 - ルーカス・フェルナンデス 深井一希 ウーゴ・ヴィエイラ 鈴木武蔵 宮澤裕樹 2019 中原彰吾 鈴木武蔵 2018 横山知伸 田中雄大 河合竜二 兵藤慎剛 ジュリーニョ 都倉賢 2017 金山隼樹 増川隆洋 2016 - - 櫛引一紀 前貴之 2015 小山内貴哉 パウロン 榊翔太 砂川誠 2014 日高拓磨 薗田淳 - 2013 曵地裕哉 チョ・ソンジン 横野純貴 2012 高木貴弘 ジェイド・ノース 山本真希 岩沼俊介 高木純平 中山雅史 2011 チアゴ ブルーノ 2010 佐藤優也 吉弘充志 藤山竜仁 石川直樹 箕輪義信 西嶋弘之 藤田征也 2009 柴田慎吾 曽田雄志 石井謙伍 ハファエル クライトン 2008 西澤淳二 池内友彦 ダヴィ 2007 富永康博 林卓人 岡田佑樹 和波智広 2006 林卓人 フッキ 2005 堀井岳也 三原廣樹 2004 藤ヶ谷陽介 佐藤尽 西嶋弘之 大森健作 三原廣樹 中尾康二 2003 佐藤洋平 森下仁志 森秀昭 今野泰幸 大森健作 酒井直樹 ビタウ ベット アンドラジーニャ ウィル ウリダ ホベルッチ 2002 田渕龍二 ジャディウソン マクサンドロ ビジュ 森山泰行 ロブソン 山瀬功治 2001 森川拓巳 名塚善寛 野々村芳和 ウィル アウミール 2000 大野貴史 エメルソン 1999 埜下荘司 梶野智 栗田泰次郎 棚田伸 ビジュ クレーベル ジネイ リカルジーニョ アシス 1998 ハーフナー・ディド ペレイラ 木山隆之 太田貴光 後藤義一 バウテル バルデス マラドーナ 1997 古川毅 朝倉徳明 浅沼達也 1996 ペレイラ 茶木裕司 平川弘 冨樫剛一 平岡宏章 加藤剛 パベル オテーロ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11-20 [ ] 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 2020 アンデルソン・ロペス サポーターナンバー - 駒井善成 濱大耀 藤村玲 檀崎竜孔 チャナティップ 白井康介 キム・ミンテ 2019 岩崎悠人 2018 ヘイス 内村圭宏 菊地直哉 - 稲本潤一 2017 上原慎也 前寛之 石井謙伍 2016 増川隆洋 上里一将 2015 前田俊介 古田寛幸 - 深井一希 2014 李昊乗 ヘナン 2013 岡本賢明 レ・コン・ビン テレ 2012 髙栁一誠 芳賀博信 キリノ - 2011 ジオゴ アンドレジーニョ - - 2010 近藤祐介 趙晟桓 李漢宰 キリノ 上里一将 2009 宮澤裕樹 中山元気 ダニルソン 荒谷弘樹 2008 アンデルソン ノナト 鈴木智樹 クライトン アルセウ 大塚真司 坪内秀介 2007 相川進也 ブルーノ・クアドロス カウエ 関隆倫 2006 加賀健一 清野智秋 2005 田畑昭宏 鈴木智樹 桑原剛 上里一将 権東勇介 2004 新居辰基 吉瀬広志 市村篤司 尾崎祐司 河端和哉 鈴木智樹 和波智広 2003 平間智和 西澤淳二 森山泰行 堀井岳也 新居辰基 曽田雄志 中尾康二 2002 磯山和司 小島宏美 古川毅 森下仁志 小倉隆史 2001 播戸竜二 深川友貴 森下仁志 瀬戸春樹 黄川田賢司 大黒将志 山瀬功治 伊藤優津樹 2000 村田達哉 清水範久 村主博正 高木琢也 小松崎保 1999 関浩二 加藤竜二 村主博正 吉原宏太 時岡宏昌 大野貴史 1998 有馬賢二 渡辺卓 1997 新村泰彦 冨樫剛一 中吉裕司 渡辺卓 鳥居塚伸人 黄川田賢司 小野甲介 吉成大 1996 ルボシュ アルシンド 財前恵一 吉田裕幸 新明正広 中吉裕司 ヨゼフ 松山博明 足立恵蔵 - 三浦雅之 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21-30 [ ] 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2020 阿波加俊太 - 中野嘉大 - ク・ソンユン 早坂良太 荒野拓馬 - カウィン 金子拓郎 2019 中村桐耶 - 2018 - - - 2017 金園英学 マセード 福森晃斗 永坂勇人 杉山哲 2016 イルファン - 神田夢実 2015 神田夢実 - イルファン 菊岡拓朗 2014 - 奈良竜樹 荒野拓馬 櫛引一紀 小山内貴哉 松本怜大 2013 三上陽輔 神田夢実 2012 高原寿康 大島秀夫 横野純貴 上原慎也 荒野拓馬 曵地裕哉 奈良竜樹 2011 山下達也 西村卓朗 阿波加俊太 2010 - 岩沼俊介 堀田秀平 古田寛幸 朴鎭琇 松原修平 2009 西大伍 石川直樹 - 2008 平岡康裕 西谷正也 宮澤裕樹 富永康博 横野純貴 高木貴弘 ディビッドソン純マーカス 堀田秀平 2007 金子勇樹 川崎健太郎 岡本賢明 岩沼俊介 藤田征也 佐藤優也 西大伍 西谷正也 吉瀬広志 2006 千葉貴仁 野本安啓 阿部哲也 高原寿康 セバスティアン 2005 上田常幸 徐暁飛 野田達郎 石井謙伍 蛯沢匠吾 デルリス 2004 鎌田安啓 斉川雄介 上里一将 桑原剛 清野智秋 金子勇樹 斉藤勇志 権東勇介 2003 藤ヶ谷陽介 吉川京輔 砂川誠 河村優 西田吉洋 吉瀬広志 三原廣樹 田畑昭宏 井上敦史 阿部哲也 2002 相川進也 奈良安剛 新居辰基 田澤勇気 バーヤック 2001 曽田雄志 中尾康二 今野泰幸 遠国信也 アダウト 小林弘記 2000 池内友彦 佐賀一平 河村優 桜井孝司 山瀬功治 1999 岡田直彦 井手口純 林晃平 - - 1998 赤池保幸 浅沼達也 時岡宏昌 鳥居塚伸人 山橋貴史 岡田直彦 棚田伸 埜下荘司 関浩二 1997 土田哲也 金子真人 岡田直彦 鮎貝秀彦 大野貴史 山橋貴史 工藤英章 森敦彦 1996 油弘幸 小池大樹 木島敦 川合孝治 - 後藤静臣 村田信行 新町光寛 浅沼達也 川浦淳之 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31-40 [ ] 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 2020 高嶺朋樹 田中駿汰 ドウグラス・オリヴェイラ 中野小次郎 小柏剛 松山光 菅野紘希 木戸柊摩 大和蓮 佐藤陽成 2019 - - - - - - - 2018 宮吉拓実 石川直樹 進藤亮佑 濱大耀 菅大輝 藤村怜 2017 - 櫻庭立樹 2016 堀米悠斗 中原彰吾 内山裕貴 按田頼 2015 薗田淳 - 前寛之 - - 2014 - 上原拓郎 工藤光輝 種村優志 内山裕貴 都倉賢 チョン・ソンフン 2013 堀米悠斗 種村優志 フェホ 内山裕貴 前寛之 - - - 2012 前貴之 近藤祐介 榊翔太 岡山一成 小山内貴哉 ジュニーニョ 松尾直人 ハモン テレ キム・ジェファン 2011 榊翔太 奈良竜樹 レモス 小山内貴哉 奈良竜樹 - - 2010 三上陽輔 高木純平 荒野拓馬 - - - - 2009 - - - 2008 高原寿康 柴田慎吾 鄭容臺 エジソン 箕輪義信 2007 イタカレ - - 2006 佐藤優也 - - 2005 藤田征也 2004 - 2003 尾崎祐司 市村篤司 岡田佑樹 川口卓哉 河端和哉 2002 西田吉洋 佐藤尽 松川友明 - - 2001 堀井岳也 - - 2000 - 1999 1998 1997 石塚啓次 1996 岩崎健二 菊池勲 渡邉晋 土田哲也 沖田淳 牧田一幸 笠原恵太 吉原宏太 吉成大 小野甲介 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41-50 [ ] 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 2020 - - - - 中島大嘉 - 川上隼 ジェイ - - 2019 山本透衣 大和蓮 小野伸二 本間洋平 - 2018 三好康児 中村桐耶 福田心之助 前川廉 2017 井川空 - 佐藤大樹 - - 2016 前川廉 - - 2015 - ニウド ナザリト 2014 ステファノ - - 2013 - - 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999 1998 1997 1996 松山大地 白井淳 金鍾成 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 過去の在職スタッフ・在籍選手 [ ] 監督 [ ] 氏名 在職年 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 勝 分 負 勝 分 負 勝 負 1996年 20 0 10 - - - 2 1 1997年-1998年 35 0 4 3 3 6 2 1 1998年 3 0 7 - - - 1 1 1999年-2001年 58 16 32 2 0 4 5 3 2002年 1 0 6 - - - - - 2002年 1 1 9 0 1 2 - - 2002年 2003年 7 4 19 - - - 2 2 2003年 9 9 8 - - - - - 2004年-2006年 42 39 55 - - - 7 3 2007年-2008年 31 16 35 1 2 3 0 2 2009年-2012年 57 36 66 1 2 3 2 4 2013年-2014年8月 29 12 29 - - - 3 2 2014年8月-2015年7月 12 17 8 - - - - - 2015年7月-2017年 43 21 29 3 1 4 3 3• 2015年 [ ] チームスローガン: 北海道とともに、世界へ バルバリッチ体制2年目。

12

チームスローガン: Progress 三浦体制2年目。 プレーオフの磐田戦はアンデルソン・ロペスの3得点などの活躍で2戦合計4-2(アウェー:第1戦2-1、ホーム:第2戦2-1)で1997年以来21年ぶりに決勝トーナメント(プライムステージ)に進出。 練習場はオフィシャルスポンサーのが所有する「宮の沢白い恋人サッカー場」と、札幌ドームの敷地内にある天然芝の「屋外サッカー練習場」。

1996年 - 1998年:• 開幕戦で勝利し、5月には都倉が6得点でJ2月間MVPを獲得する活躍などがありチームも好調。 またダヴィの移籍に伴い、移籍先の名古屋から3億円近くの高額な移籍金が入った為、更なる補強を断行した。 シーズン中にはが規律違反で退団(その後へ移籍)したが、2014シーズンの加入が内定しているのをで登録。

17