サザンドラ 構築。 【ポケモンソードシールド】サザンガルド パーティー 考察【ポケモン剣盾】

ギルガルド タイプは鋼ゴースト。 じしんもちのフシギバナはギルティ。

弱点は多いものの毒技以外は意外と耐えてくれたりするので、多少の無理が効くのが結構な強みでした。 しかしサザンドラ側も挑発や積み技など耐久型を崩す手段を多く持つので、役割遂行速度の遅い耐久型で受けるのはやめておいたほうがいい。 サザンドラ・ドラパルト・ミミッキュ 先発をスカーフサザンドラで様子見して、対面性能の高いドラパルトでダイマックスを切って、ミミッキュで詰めるという選出です。

特攻調整 C151:H167D171 50. そこで、 相手のロトムに強くトゲキッスの不利対面をカバーでき、ギルガルドとのタイプ相性補完でサイクル戦を行うことで数的不利を取ってしまった場合でも挽回できるサザンドラを採用しました。 努力値は調整しようがないのでぶっぱ。 無補正C振りでD特化確1、C特化珠でH振り確1。

8

しかしこだわりスカーフ持ちが半分弱と多いため素早さ種族値で上回っていても低耐久や弱点を突かれる場合は注意。 ニンフィアの選出・交代を読む また、受けに特化した構築はサザンドラ対策としてニンフィアを用意していることが多いですが、それはすなわちこのポケモンがいるだけで ニンフィアの選出や後出しを強要できるということなので、 それを利用した読み行動を通して勝機を見出します。

【構築のコンセプト】 ・トップメタのウーとパッチラゴンに高い勝率を保てるようにする。 でんじはの命中するかどうかでかなり仕事ができるかどうかが関わってきますので、ある程度運に左右されますが大抵のメガガルーラは相打ち以上にもっていけます。

とはいえ、マリルリのおかげで勝った試合もいくつもあったので、他のポケモンではまた違った不満があったのかなとも思います。 回復木ノ実… の耐久値を底上げする。 相手の『みがわり』状態を貫通する。

19

がんせきふうじ感覚で。 とはいえ、めちゃくちゃ活躍してくれたのでやっぱりわたしはこのポケモンが大好きですね。 炎や飛行タイプに対する打点になる。

15

ウインディやヒートロトムに対する有効打。 第八世代では役割対象は増えたものの、どくどく、はねやすめが使えなくなってしまったため、受けとしてはかなり使いづらくなった。 また、技「ちょうはつ」のお陰で 相手の展開を許さず純粋な殴り合いというこちらの土俵に無理やり持ち込むことができます。

3