丁々 į™ē æ­ĸ。 四字į†ŸčĒžã€Œä¸ã€…į™ēæ­ĸ(ãĄã‚‡ã†ãĄã‚‡ã†ã¯ãŖし)」ぎ意å‘ŗとäŊŋい斚īŧšäž‹æ–‡äģ˜ã

しかし、イデã‚Ēロゎīŧã¨ã„うぎはãŋんãĒがčĒã‚ã‚‹äē‹čąĄãŽäē‹ã§ã™ã€‚ つぞりãŋんãĒが栚æœŦįš„ãĒå…ąé€šãŽč€ƒãˆīŧˆã‚„ãŖãĻはいけãĒいäē‹īŧ‰ã¨ã—ãĻįĩ„įš”されãĻいるもぎ、これがイデã‚ĒロゎīŧãĒんです。 䞋えば、į’°åĸƒį ´åŖŠã¯ä¸€čˆŦįš„ãĢ「やãŖãĻはいけãĒいäē‹ã€ã¨ã„ã†ä¸€åŽšãŽč€ƒãˆãĢ įĩ„įš”されãĻいぞす。

7

臨åēŠįš„ãĒ意å‘ŗãĢついãĻですが、ã‚ĸãƒŦãƒĢã‚Žãƒŧį–žæ‚Ŗや寄į”Ÿč™Ģį–žæ‚Ŗで上昇しぞす。 おäē’いãĢį›¸äē’ぎįĢ‹å ´ã‚’ä¸ģåŧĩし合ãŖãĻ金æ˛ĸ市民三十数万ぎč€ŗį›Žã‚’そばだãĻたという。

10

å¸‚é•ˇã¯å¸‚é•ˇã§ã€å¸‚č­°äŧšãŠãˆã‚‰ã„大äē‹ãĢしãĻぞすよ。

12

īŧ‰ éĢ˜į”°å…ˆį”ŸãŽå›Ŋ際é–ĸäŋ‚čĢ–ã‚ŧミは、äģŠ 嚴はæ—ĨīŊĨ韓īŊĨ中īŊĨéœ˛ãŽå››ã‚Ģå›ŊバトãƒĢぎ場 ãĢãĒãŖãĻいぞす。 īŧ“īŧæ—Ĩぎæ˛ŗæ‘ãŸã‹ã—åå¤åą‹å¸‚é•ˇãŽåŽšäž‹äŧščĻ‹ã§ãŽä¸ģãĒやりとりは、æŦĄãŽé€šã‚Šã§ã™ã€‚

13

čĒ­ãŋæ–š 丁々į™ēæ­ĸ ãĄã‚‡ã†ãĄã‚‡ã†ã¯ãŖし 意å‘ŗ æŋ€ã—く意čĻ‹ã‚’ãļつかり合わせる様子。 æ›¸ãã¨ãã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€Œã™ãŋぞせん」ãĢしぞしょう。

ã¤ãžã‚Šåˆ†ã‹ã‚Šã‚„ã™ãč¨€ãˆã°ã€äēēé–“ãŽčĄŒå‹•ã‚’æąē厚する栚æœŦįš„ãĒį‰ŠãŽč€ƒãˆæ–šãŽ äŊ“įŗģです。

18

市民ぎãŋãĒさん選択したんじゃãĒいぎ。 キãƒŖãƒƒã‚ˇãƒĨãƒŦã‚šæąē済料金ぎ遊į”¨į¯„å›˛ãĢついãĻ äģĨ下ぎæąē済手æŽĩで厅æ€Ĩäžŋīŧˆį™ē払いīŧ‰ã€åŽ…æ€Ĩäžŋã‚ŗãƒŗパクトīŧˆį™ē払いīŧ‰ãŽæ–™é‡‘をお支払いいただく場合、キãƒŖãƒƒã‚ˇãƒĨãƒŦã‚šæąē済料金が遊į”¨ã•ã‚Œãžã™ã€‚

16