くくり 罠 自作。 いのしし罠・足くくり罠の販売なら各種部品取り揃えの【猪狩人】

その場合、使える部品だけ活かして、 作り直すことになります。 なお、罠の上に泥・土を被せすぎると罠の起動に支障を及ぼすので気を付けて下さい。 [ad upper] 作り方を説明する前に言うのもなんですが、正直… 塩ビ縦式罠は穴を掘るのが大変で設置効率が悪いです。

12

春になってタケノコが生え始め、 竹林の中はイノシシが荒らし放題。

19

シカが斜面を駆け下りて裏庭に侵入しているであろうことがよく分かる、良い獣道です。

13

延長ワイヤーロープ くくり罠の支点となる部分です。 セッティング時に結構負荷がかかりますので、なるべく強力なもののほうが良いです。 押しバネ式くくり罠の基本材料は、以下の写真のとおりとなります。

17

この切れ込みは、後にスプリングを圧縮した際に、 金具をいれて固定しますのでかなりの負荷がかかります。 これに、罠を木に止めておくためのワイヤーやネームプレートが必要となるが、 予算500円も考えておけば十分だろう。 (このくらいのテンションなら、まあなんとか使えそう) なので、 機関部を作る前に「踏み板部分の構造」を決めてしまい、その円周+10cm〜20cmほど伸ばせるバネを用意してから機関部の作成に取り掛かりましょう。

6

とりあえず私は直径3cmが最低になるようにしたので、くくり金具から9cm程度のところに取り付けました。 。 写真はホカホカのイノシシの糞と食べられたばかりのタケノコ。

10

ただし、もう片方の端は 2 で作った「よりもどし」に通してから止めましょう。

8