パスカル の 法則。 パスカルの原理

休むことなく繰り返す。 『プロヴァンシアル』Les Provinciales、1656 - 1657年。

17

人は殺人が悪いということは真であると言うだろう。

14

なぜなら、世が終わってしまうだろうからである。 あな恐ろし くれぐれも「パスカルの罠」には引っかからぬよう The New Question (追記) 何ともウレシイことに、「」のやませみさんも、このページに目を通して下さっていて、お答えをわざわざ頂戴致しましたので、ここに追記させていただきます。

1

再度のチャレンジです。 ゆえに人間は、ひとときも考えないではいられない。

5

動粘性係数とかレイノルズ数とか出てきて、とてもじゃないけど簡単じゃないです。 1=2 0 1+1=2 1 1+2+1=2 2 1+3+3+1=2 3 1+4+6+4+1=2 4 1+5+10+10+5+1=2 5 いつも、2を何回かかけた数になっています。 このように、パスカルの原理、さらには「圧力」という概念は、流体の基本的な特徴である「流動性」から導出される。

19

ある数の直下には、その数字と両端の数の和を書く。 A,Bタイプは問題外だわね。 例えば、イデー選書版の邦訳『パンセ』(由木康訳)に載せられている解説において、その旨が書かれている。

15

結婚だろうか。

5

作用・反作用の法則 ある物体が他の物体に 作用を及ぼすとき、それとは逆向きで大きさの等しい反作用が常に働くというもの。

考えることによって、私が宇宙をつつむ。