五 等 分 の 花嫁 一 番 くじ。 【ネタバレ注意】五等分の花嫁は四葉の物語だった?!

後に読者アンケートの結果を受け、『週刊少年マガジン』にて2017年36・37合併号から2020年12号まで連載された。

15

社長 声 - 一花が所属する芸能プロダクションの代表者。 口数の少ないクールな性格だが、信頼した人物にはとても素直で風太郎への好意も認めている。 そのフォローに入った風太郎に何かと突っかかっていたが、在学中はそれなりに親交を深めていた。

16

風太郎に励ましの言葉をかけたが、その真意を語らず別れを告げて姿を消した。

1

高校のテスト成績は風太郎が1位をキープし続けていたためずっと2位で、在学中ずっと彼をライバル視していたが、他人に関心を持たない彼には長らく存在すら認識されていなかった。

12

おんぶや手繋ぎなど、風太郎と三玖の無自覚のいちゃつきが見られる第9話。 母親の月命日である14日には欠かさず墓参りをしている。

6

暮らしを支えるために女優業に邁進する一花、味オンチながらバレンタインのチョコレート作りに励む三玖、さらには四葉のほっぺチューなど、名シーンが多すぎて正直迷います。 服着てないから照れる 「五等分の花嫁」中野二乃(なかのにの)のキャラ紹介 5つ子の次女。

4

1人の男子高校生が五つ子ののを務めるというで 、五つ子のうちの1人との結婚を控えた主人公が高校時代を回想する形で描かれる。 黒いで結った が特徴的。 そんな五等分の花嫁も今回で最終回です。