北 の 漁場 北島 三郎。 北の漁場

。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

6

北島三郎さん『北の漁場』の歌詞 キタノリョウバ words by シンジョウカオル music by サクラダセイイチ Performed by キタジマサブロウ. しかし、本楽曲で同年の『』に出場が決まっていた当の北島も、の新年会に招待されていたことが発覚、放送2日前のに出場辞退を余儀なくされ、同年度のは「 たけし、北島のいない年末年始」となってしまった。 以来北島はにおいて本楽曲を歌唱する事は無かったが、それから22年後のの『』において初めて披露される事となった。 (昭和62年)度の(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額(国内作品)では、「」「」「」「」に続いて年間5位にランクインされた。

8

北の漁場• 本楽曲が流行った、系『』ののコーナーにおいて、、らがを起こし謹慎中の本来の主役、を冷やかすギャグとして、の『』やの『』と合わせ、曲中の「 北の」という歌詞とたけしの姓を掛けた本楽曲のが用いられたことがある。 北島三郎さん『北の漁場』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 。

。 。 。

5

10

。 。

6

。 。

。 。 。

1

。 。

5