しき が み つかい と よう。 JIS慣用色名

自身の血液を相手に浴びせてさせる術式 「蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)」の使い手。

百鬼夜行後、夏油の呪霊操術と五条との関係に目を付け、夏油の肉体を乗っ取る。 八十八橋の事件後、偶然釘崎達に出会い、彼女達に恋愛相談をした上で虎杖と再開する。 快活・素直な性格で、誰に対してもフレンドリーに接している。

2

虎杖死亡後、漏瑚らと共に偽夏油と手を組みはじめる。 本名不明。

14

宵祭り(よいまつり)編(9巻79話 - 10巻82話) 過去編が終わり、舞台は現在に戻る。

13

その性格上、他者との連携は基本的にしないが、性癖と戦闘スタイルの相性が良い虎杖とは連携できている。 ただし、両面宿儺や呪胎九相図のように、呪物化した後に人間にしたものは死亡しても消滅しない。 それが全国に広まり、1949年の1月15日が「成人の日」と制定されました。

9

191• 奈良時代以降、数え歳で12~16歳の男子が行った「元服(げんぷく)」という儀式が成人式にあたります。

なお、この3名以外にも未受肉の個体が存在する。 後に特級呪物として高専で保管されるが、交流会で真人が1番~3番を奪取し、人間に受肉させたことで 脹相・ 壊相・ 血塗が復活した。

2016年11月、のある学校で乙骨が同級生の男子生徒にイジメを受け、里香がその4人をロッカーに詰めたことで呪術師に捕らえられる。

19

京都校の生徒の中では常識的であり、虎杖の暗殺にも乗り気ではない。

11