肝 機能 数値。 肝臓機能低下の症状・原因・回復方法

尿の色が黄褐色• 肝硬変• 脂肪肝の目安となるのはGOTとGPTの値で、高いほどリスクも高まります。 それと肝機能の指標となる酵素としてGOT(AST)と呼ばれるものもあります。

禁酒・断酒 アルコールおよびアセトアルデヒドなどお酒の分解は肝臓に過度の負担をかけます。 その他の疾患の可能性として 甲状腺機能低下症や 栄養失調があげられます。 劇症肝炎• ただし、この基準範囲は正常値ではなく、あくまでも基準範囲なので注意が必要です。

お医者さんは他の検査結果と組み合わせて病気を推測し、追加で検査を行う事で何の病気か判断します。

14

足のむくみ、だるさ• 自覚症状がないとしても、早期に治療を始めることができ、重篤な病気に進行することを防ぎます。 よって、この数値が高くなると、肝機能の低下や、何らかの病気を発症している可能性があると、考えられます。 ALPは肝臓以外にも骨や小腸粘膜、胎盤などでも比較的多く分泌される酵素です。

14

たとえば、薬の副作用による肝障害、脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝がんなどが挙げられる。

18

また、 飲酒中や体調不良時、骨折や怪我などの外傷がある場合にはショック症状が現れる危険性があります。 特にアルコール性肝障害や、で胆道が塞がれたことが原因で数値は上がりやすいと言われています。

アルコールなどで肝臓が傷んでいる• ・ ストレスや寝不足が原因 肝機能の数値が高い原因として、40代50代60代に多いストレスや寝不足があります。 しかしこれは特に、上記3項目がALP値他の肝機能関連の数値よりも重要であることを意味していません。 骨の異常では、ALP以外の数値には特に影響を与えないことが多いです。

14