ノストラダムス コロナ ウイルス。 ノストラダムスのコロナの予言を発見!的中か?3つの四行詩の真実【新型コロナウイルス】

「現感染者数(Active cases)」=「累計の感染者数」-「リカバーした人数」-「死亡した人数」 現感染者数が世界で最も多いのは米国の28万9798人でした。

5

ジンギス・カンのモンゴル帝国建国 1206年 は351年前• 「悪魔的未来人」が世界同時多発的にウイルスをばらまいて、世界の人口を3分の1に減らしたうえで支配する、というシナリオが語られている。 カードを横にすると、「911」という数字が浮かび上がるように見えることでも有名ですね。 疫病と結び付けた解釈はここだけであり、漠然としすぎていて具体的な疫病の解釈とは見なせない。

1

その頃に2020年のオリンピックが書かれていただけでもスゴい予言ぶりなのに、中止という看板、さらには 伝染病に対する批判。 今から7年前というと2020年の東京オリンピックの開催が決定した年。 湖北省の武漢を中心に患者は1000人を越え、日本をはじめ他国でも感染者が確認されている。

13

1999年人類滅亡予言を外したことで、世間から顧みられることが少なくなったノストラダムスであるが、人類滅亡予言には異論もあり、決して予言が外れたわけではないと解釈する者もいる。 そんな意味深な、予知とも取れるイラストのイルミナティカード。 さらに英メディア「エクスプレス」も同詩を調査し、「ゾンビを作るウイルスは信じられないが、トキソプラズマのような寄生虫やウイルスが進化して人間に影響を及ぼす可能性がある」と報じている。

「ほとんどいない若者は半死者だ。 感染の第2波がやってくるリスクが、ひたひたと高まっているのです。 当時の子供から若者まで、この四行詩を本気で信じてしまった人が続出。

つまり、人工的にコロナウイルスを蔓延させ、人口削減を画策しようとする イルミナティの陰謀の意図が隠されているのではないかと、ありとあらゆる想像、妄想が錯綜している状態です。

12

アンゴルモアの大王=モンゴルの大王 アナグラム =ジンギス・カン ここまでの解釈は良いのですが、ここからがこじつけとなります。

20

英文 The great plague of the maritime city will not cease until there be avenged the death of the just blood, condemned for a price without crime, of the great lady outraged by pretense. 笑 ちなみに、ノストラダムス本人は当然<1>を主張しています。

12