サロン シャンパン。 2019年度国際線シャンパン・ワイン・日本酒セレクション決定|プレスリリース|JAL企業サイト

当時のマキシムは社交界の中心であり、世界中から最も舌の肥えた人々が集まっていた。 英国王室御用達としても知られといる、世界のVIPが愛する、最高級シャンパンです! 最後に… 今回挙げた銘柄のシャンパンは一生のうちに一度は飲んでみたいものですね。 サロンを創業したのはウジェーヌ・エメ・サロン。

16

クリュッグ/Krug 私のイメージでは、ドン・ペリニヨンの次に日本で有名なのはこのクリュッグかな?と思っています。

3

長期の熟成期間を要し、年間の生産量は一般のシャンパンが数十万から数百万本規模に対し、 数万本程度に限定され、その希少価値から「幻のシャンパン」と呼ばれています。

しかも、至高のシャンパンを目指すため、コート・デ・ブランのグラン・クリュ、ル・メニル・シュール・オジェ村のシャルドネのみを用い、単一収穫年のミレジメとした。

当たり前だ。 アルマン・ド・ブリニャック 次はクラシックにして、モダン&ゴージャスなシャンパンを紹介します。 JAL国際線ファーストクラスでシャンパン「サロン2007ヴィンテージ」の提供を再開 JALは2007年から世界の航空会社で唯一、機内でサロンのシャンパンを提供してまいりました。

フランスの最も権威のあるワインを評価する本「レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス」では、シャンパンという狭き門の中で 最高評価である3つ星を獲得しています。

8

ですが これほどまでに世界中の人々がサロンを崇敬しているのは、飲み頃になった サロンが発揮する感動の味わいに出遭ったからでしょう。 徹底した完全主義を貫く サロンの独特な生産スタイルは、他のメゾンやドメーヌにない、究極のこだわりがあります。 これからもっともっと偉大さを発揮していくその入り口を実感することができました。

そしてまだ経験していない人も、 いつかその感動を得たいと願いながら、 サロンのシャンパーニュに夢を描いているのでしょう。

18

映画『』では誕生日プレゼントを贈られたドリンダ()が山火事消火隊のバーで「シャンパングラスにビール」を注文すると、「1998年物のでございます」とバーテンダーが出してくれる。 昔は職人が手作業で行っていたが、現在は非常に手間のかかる手作業よりもジャイロパレットと呼ばれる機械でルミュアージュが行われることが多い。 目減りした分はワインやシロップで補充(ドザージュ、 dosageという工程)される。

13