クララ バートン。 クララバートンと赤十字・大きな努力

参考文献 - クララ・バートンについて:• 両親は内気な性格が治るようColston Stones High Schoolにクララを送ったが、その試みは仇となった。

16

She joined the relief effort during the 1870-71 Franco-Prussian War. から2年。 アメリカに帰国後、1873年にアメリカに赤十字を設立する活動を開始した。 This was a great achievement at a time when government jobs were not available to women. しかしその3年間も、 バートンは男性職員から多くの虐待と中傷を受けた。

3

その後、官庁で働 く女性に対する政治的反対がおき、1856年にジェームズ・ブキャナンの 運営方針で、バートンの立場は写字生の立場に縮小され、「Black Repu blicanism(黒人共和主義者)」として解雇された。 見積もりに記載されていない場合は元の情報源を提供できないことは残念です。 クララバートン写真• そしてある日、軍から身分証明証を貰い、兵士の為の医療品を集め始め た。

18

いなかったら、他国に付け込まれていたかもしれない」(20代、男性)など、弥生時代に邪馬台国をはじめとする国々をまとめた女王として、「歴史に大きな影響を与えた」のは間違いないでしょう。 大人として、簡単にキリスト教の科学を探求したが、参加しなかった 組織:アメリカ赤十字、国際赤十字、米国特許庁 背景、家族:• 1898年にバートンはキューバの病院で働いて いたが、すでに78歳であった。 バートンは米国赤十字会長を務め、1904年に引退した。

12

クララは医者があきらめてからも、デイビッドの世話をずっと続けて完治させた。

1

クララバートンは、そのリーダーとして、1889年のジョンズタウン洪水や1900年のガルベストン洪水などの災害の犠牲者に対する支援と救援活動を監督しました。

9