総務 省 統計 局 人口 推計。 徳島県の人口(徳島県推計人口)|徳島県の統計情報

77 1990 平成2 123,478 1,221,585 820,305 401,280 9. 15歳未満人口の割合が最も高いのは,沖縄県(17. しかし15歳から49歳までの女性の数が減少しており、そのため合計特殊出生率が上昇しても出生数はあまり増加せず、2005年(平成17年)に出生数が110万人を切って以降、出生数は110万人を切り続けていた が2016年(平成28年)の出生数は推計で98万人で、1899年(明治32年)の統計開始以降初めて、100万人を割り込み2017年 平成29年 の出生数が94万人、2018年 平成30年 の出生数が91万人と100万人の割り込みが続いている。

17

2人前後と安定した水準を維持しており、合計特殊出生率は低下しても、結婚した女性に限れば産む子供の平均の数は変わらなかったが、2005年(平成17年)の調査から出生児数の低下がみられ、2015年(平成27年)の完結出生児数は1. 1%で過去最高となっています。 その代表的なものは、「国勢調査」と「経済センサス」です。 また、1980年(昭和55年)ごろまでは、20代後半で産む割合が5割以上であったが、それ以降減少し、2003年(平成15年)には30代前半よりも低くなり、2009年(平成21年)には、約3割にまで減少している。

9

93 1987 昭和62 122,069 1,346,658 751,172 595,486 11. 近年の日本の自然増減数の推移 年 出生数 死亡数 自然増減数 合計特殊出生率 2000 平成12 1,190,547 961,653 228,894 1. 39 1988 昭和63 122,578 1,314,006 793,014 520,992 10. 一方,減少は40道府県となっており,秋田県(-1. 度(平成4年度)の国民生活白書で「」という言葉が使われ、一般に広まった。

16

・「空白」または「and」…すべてのキーワードを含むページが検索されます。 81 2007 平成19 127,750 1,101,000 1,103,000 -2,000 8. それ以外の32道県は自然増減、社会増減ともマイナスとなっている。

14

貧しい農民たちが(子殺し)を行っていたことが人口抑制の原因とみられる。 5 1933 昭和8 66,790 2,104,000 1,182,000 922,000 31. 40 1949 昭和24 81,300 2,696,638 945,444 1,751,194 33. その後も出生率の減少傾向は続き、(平成17年)には、出生数が約106万人、合計特殊出生率は1. ここから本文です。 2016年12月25日閲覧。

93 2002 平成14 127,386 1,176,000 980,000 196,000 9. 前年と比較すると,島根県は社会減少から社会増加に転じ,静岡県は社会増加から社会減少に転じています。 7 1921 大正10 56,666 1,991,000 1,289,000 702,000 35. 01 1999 平成11 126,631 1,197,000 985,000 212,000 9. 8 1935 昭和10 68,662 2,174,291 1,152,371 1,021,920 31. 16 1963 昭和38 96,812 1,681,242 675,721 1,005,521 17. 85 1996 平成8 125,757 1,206,555 896,211 310,344 9. 7%で,比較可能な1950年以降過去最低となっています。

14