蓮舫 高卒。 蓮舫の高卒をバカにする発言で非難の嵐!偉そうな性格は直らない?!

上記の審議のやり取りは確認できる。 それは蓮舫議員の、新型コロナウイルスの影響を受けている大学生への支援という質問から始まり、以下の様になっている。

高卒で頑張っておられる方々に心からお詫びします」と記した。 この新型コロナ感染症への対応に於いても、その(新型コロナによる)変化によって対象になる方は、そういう給付を行うことになっていますので、言わば、生活費についても給付がなされるということですので、これを是非活用して頂きたい。 蓮舫氏は投稿前の30日午前、朝日新聞の取材に「勉強して、頑張って、奨学金も借りて大学に入って、学費、生活を払えなくて、下手したら自己破産だ」と述べ、「大学をやめた場合、次の人生設計を高卒というスタートでどうやってやっていけるのか。

9

— ツイッター速報 tsuisoku これって、絶対高卒バカにしてますよね。 安倍贔屓だからかもしれないが。 申し訳ありませんでした」と謝罪した。

2

奨学金が返せないその不安の声にどうして応えられないのか?」 つまり、蓮舫議員は、「高卒みたいな可哀想な人達が増える!」とは言っていない。 申し訳ありませんでした」と重ねて謝罪した。

どの立場での発言なのか改めていただきたいものです。

「バイトだけで生活をしている学生がバイトを切られて、家賃が払えなくて、奨学金負担があって、そして帰省するなと言われて、家もなくなるかもしれない不安で、このままだと大学やめなきゃいけないというのが13人に1人。 高卒で頑張っておられる方々に心からお詫びします」「使う言葉が全く駄目です。 大学生は事業をしていないと言ったけれども、バイトだけで生活をしている学生がバイトを切られて、家賃が払えなくて、奨学金負担があって、そして帰省するなと言われて、家もなくなるかもしれない不安で、このままだと大学をやめなきゃいけないというのが13人に1人。

10

「学歴なんて関係ない」優秀な起業家や普通のサラリーマンでも今では同じことを言うでしょう。 人生設計そのものを変えないといけなくなるという意味で聞いた」と説明。 大学生は事業をしていないと言ったけれども、バイトだけで生活をしている学生がバイトを切られて、家賃が払えなくて、奨学金負担があって、そして帰省するなと言われて、家もなくなるかもしれない不安で、このままだと大学をやめなきゃいけないというのが13人に1人。

4

新型コロナ対策等で野党の切り込み隊長の様に動くのは自由なのだが、表現とかが喧嘩スタイルに見えてしまう。

1