情報 リテラシー。 メディアリテラシーとは

概要 [ ] が1989年に発表した最終報告書は、情報が必要とされるときに情報を""にそして"効率的"に 1 探し出し、 2 精査し、そして 3 使うことができる能力を保持する人のことを情報リテラシー能力を保持している人と定義する。 ネットが普及する前は、情報はテレビでしか得ることができなかったですが、今はネットでいくらでも調べることができます。 採用校特典付き! 「キーボード入力ドリル」 「メールの基礎知識」 「Office 2016ショートカットキー一覧」 「マルチデバイス時代のOffice活用術」 をダウンロードできる! 学生のリテラシーのレベルに応じて活用できる各種ツールを用意しています。

STEP6 アプリを操作しよう• STEP15 マクロを作成しよう• 詳しい内容は、各ウェブサイトをご確認ください。 「リテラシー」の種類 - メディア・リテラシー(Media literacy) - コンピューター・リテラシー(Computer Digital literacy) - 情報リテラシー(Information literacy) - データ・リテラシー(Data literacy) - ゲーム・リテラシー(Game literacy) - 視覚リテラシー(Visual literacy) - ヘルス・リテラシー(Health literacy) - 精神リテラシー(Mental literacy) - 法律リテラシー(Legal literacy) - 金融リテラシー(Financial literacy) - 科学リテラシー(Scientific literacy) - マルチメディア・リテラシー(Multimedia literacy) - 統計リテラシー(Statistical literacy) - 人種リテラシー(Racial literacy) - 文化リテラシー(Cultural literacy) - 環境リテラシー(Environmental literacy) 日本の職場で使われるのは、 - メディア・リテラシー - 金融リテラシー - 情報リテラシー(ネット・リテラシー、 ITリテラシー) くらいです。

また「ネットは危険」という考えの方はわりといて、一面それは真実ではあるのですが、 ネットには正しい情報も誤った情報も双方有るので、まさに使い方を誤らなければ便利なツールになるはずです。 3.つまり、サイバースペース上では、「ネット上の自由」をめぐって、コードによる規制や囲い込みを促進させ管理や利潤をあげよ うという勢力と、なるべくコードによる規制や囲い込みを最小限にしつつ(コードそのものが「ネット上の自由」を保証するために規制 や囲い込みがゼロになることはありえない)、クリエイティブ・コモンズ派や、クリエイティブ・アナキスト派が登場することを許すようになる。

20

サイトの名前や企業の名前が具体的だと、慌てて振り込んでしまう人や掲載してある電話番号に電話してしまう人、あるいは返信をしてしまう人が結構いるようですが、 電話番号やメールアドレスを伝えてしまうことこそ危険です。 STEP9 関数を使いこなそう• グローバル化の進展と労働力不足に加え、人生100年時代に突入したことで雇用事情が大きく変化し、従来型雇用システムからの転換が進んでいます。 [1] There is an increasing amount of investment in quantum computing by governments, established companies, and start-ups. 情報をうのみにせず、どんなで作られ、送りだされているかを自分の頭で判断する。

1

小学生のSNS活用への研究 近年小学生へのSNS活用の情報リテラシー教育の研究として、小学生へのスマートフォンによる学習用SNSやTwitterを使った国語の随筆や短歌の授業が行われました(注2)。 悪い人に突然嫌なメールをもらい、それで心痛を覚えるなんていうことは避けたいところですね。 アサイン assign :割り当てる、任命する• これからの時代は、情報が価値を持つ時代です。

17

100万円分宝くじを買ったら50万円以上ドブに捨てています。

広く情報に関する諸問題(著作権、プライバシー、情報公開等)を理解出来る知識 情報リテラシーにかかわる取り組みの経緯 [ ] 世界 [ ] International Federation of Library Associations and Institutions, IFLA 内に設置されていた利用者教育ラウンドテーブル the User Education Roundtable が情報リテラシーのための活動への関心が世界規模で広まったため2002年に情報リテラシー分科会 Information Literacy Section に拡充された。

15