乾隆 帝 子供。 栄純親王 永琪|乾隆帝が最も愛した皇子は25歳の若さで死亡

幼少より学術に優れ、 ブーヴェによると西洋の学問にも興味を示し、 幾何学も学んだらしい。

9

ドラマでは絢爛(けんらん)豪華な後宮ながら、支給額は意外に低かったことが分かる。

征服王朝はこれを背景に領土拡張に熱心で、乾隆帝は初め祖父の寛容と父の厳格の中道をいくといったが、征服意欲は3代共通していた。

19

康煕57(1718)年、 弁理正白旗滿洲・蒙古・漢軍三旗事に任命され、 康煕61(1722)年、 鑲黄旗滿洲都統に任命されている。 本作のヒロイン・瓔珞のモデルとなった孝儀純(こうぎじゅん)皇后は、乾隆(けんりゅう)帝の後宮で宮女から妃にのし上がり、ついには皇后の称号を得る成功を遂げた人物だ。 輝發那拉ホイファナラ 氏とは 「 輝發 ホイファ」はキタイ(契丹)の言葉で「自由な移動」の意味です。

13

* 光緒帝の王妃を井戸に投げ込む * そこで、西太后は、北京を脱出して逃亡することを決意した。

3

爾其祗膺巽命。

6