フェイス ハガー。 エイリアン種類と生態

巻きつけた尻尾で首を絞め宿主を気絶させ、フェイスハガーの口のような器官を宿主の口に挿入させエイリアンの胎児を体内に寄生させます。 なんとあの狩り好きで知られるプレデターにまで寄生しています……。 天井を逆さまに走り、垂直の壁にへばり付いてそのまま素早く駆ける事も出来る。

2

半透明で光を当てると中で蠢くフェイスハガーが透けて見えます。 — Alien: Covenant AlienAnthology See in theaters today and find out. 第1作DVDのオーディオコメンタリーにて、監督であるが述べている。

15

生命維持装置を装着されて身動きをできなくなっているため、最後はリプリー8に自らを殺すよう懇願し、彼女によって火炎放射器で焼き殺された。

7

ニューボーン [ ] 『4』で登場した個体。

エイリアン・クイーン [ ] 『2』から登場した、エイリアン社会のトップに君臨する種類である。 グロっぽい画像(あくまでエイリアンのワンシーン)や、それぞれのエイリアン映画のネタバレも含みますので、そのつもりでお願いします。

5

エイリアン: コヴェナントに登場した生物 [ ] ネオモーフ [ ] デヴィッドがエンジニアの遺跡にあった黒い液体(生物兵器であるブラックタール)を用いた実験で生みだした、菌類のような母体から放出される黒い胞子が生物に寄生することで誕生する。 事実上、無傷で一度貼り付かれた人間を救うためには、フェイスハガーが剥がれたのちに早い段階で外科手術によりを除去する以外に手段が無い(4のクローン・リプリーは造られた段階で体内にチェストバスターを宿していたが、この手法により除去され助かっている)。

8

従来のエイリアンよりも生物的な意匠が組み込まれており、背中の突起が4本、後脚が性、ヒレや水かきがある、などの違いがある。 — Alien: Covenant AlienAnthology 極めつけは、ロバート・ワイズ監督『サウンド・オブ・ミュージック』、ジュリー・アンドリュース演じるマリアの顔に、清々しいくらいにフェイスハガー。 スーツは『4』のニュー・ウォーリアーをベースに造形されているが、体色は黒く、背中のパイプ状の突起は5本 、後脚が趾行性から人間と同じ蹠行性に戻っている。

初登はゲーム『2』の追加パックで、あるフェイスハガーが瀬死のプレデターに寄生し、誕生後、人の死体の体内に寄生、進化し、誕生した。 口顎 エイリアンは口の中にインナーマウスと呼ばれる第二の顎を持つ(ニューボーンのみ存在しない)。

16

後に『プロメテウス』、『エイリアン:コヴェナント』とエイリアンシリーズの制作も行います。 クイーンの役割は主にエッグの産卵である。 『2』ではリプリーの威嚇を受けたクイーンが卵を守るためにウォリアーに彼女への攻撃を控えさせたり、エレベーターに乗って逃走したリプリーを後続のエレベーターで追う描写がある。