ポケモン 剣 盾 ラプラス 育成 論。 【ポケモン剣盾】ラプラスとミロカロスでダブルもマスターボール級へ

主要な受けポケモンごとの戦い方は下記の通りです。

8

こおりのつぶて 先制技。

9

特性「きょううん」メタの特性「シェルアーマー」 このラプラスは相手のトゲキッスに役割を持っているため、 急所でその調整を崩されては元も子もありません。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 投稿者:ありま• キョダイセンリツはその追加効果であるオーロラベールが強力なので、それを壊してしまうというのも対策になるでしょう。 特性「シェルアーマー」にすることで確実に役割を遂行できるようになります。

20

対策もかなり限られているので、とても優秀なポケモンですね!• もともと耐久力があるため倒れにくく、長く場に残りつつ相手と戦う事ができます。

5

205-94-101-150-115-112(控えめ)• バトル• ラプラスの与ダメージ計算 フリーズドライ ひかえめ、C252のラプラスがフリーズドライを使った場合に相手のポケモンを何発で落とせるのかどうかをまとめています。

19

調整について HP:16n-1にして天候や状態異常のダメージを最小にしています。 あくびやねむりごな:キョダイセンリツをうたれてもしょうがないがダイマックスターンを終わらせる 上記どれかの対策をするのが懸命です。

11

「ひかりのねんど」を持たせることで、キョダイセンリツによって発動する「オーロラベール」効果の持続ターンが8ターンとなり、倒れた後の後続へのサポートにも繋がります。 持ち物 オーロラベール対策の「 かわらわり」を、逆に活用することができる「 じゃくてんほけん」を採用して抜きエースとしての性能を上げています。 「こおりのつぶて」が少しでも威力が出したい場合は「れいせい」で攻撃に努力値を4、威力を気にしない場合は「ひかえめ」で素早さに努力とを4振るといいでしょう。

16

特性:ちょすい(推奨)or シェルアーマー or うるおいボディ• フリーズドライを採用しない場合の水タイプへの攻撃技。

15

新要素• 強化のお役立ち• 格闘:ローブシン・ルカリオ・ルチャブル・ヒヒダルマ・鉄壁ボディプレス(アーマーガアなど) というのも一般的なラプラスはとつげきチョッキを持たせてトゲキッスやロトム相手に打ち合えるようにしている個体も多く、特殊方面はもともと高めの種族値もありかなり固くなっていることが多いです。 【ラプラスの特徴2】完全両刀の攻撃特攻ステータス ラプラスの攻撃種族値・特攻種族値は両方85なので物理アタッカーとしても特殊アタッカーとしても育てることができます。