田上 幹太。 田上幹太

制作担当の伊東正純は本シリーズでのフジテレビとの繋がりから後にプロデューサーとなり、への円谷プロダクションの参加を実現させた。

5

全国大会は16強に進めば力が拮抗しているので、精度を上げたい」 同・島田雅也主将「打倒駿台学園を目標にしてきたのでうれしい。 これが功を奏し、本作は目論み通りに高視聴率を稼ぎ、断続的ながら全5シリーズまで作られるほどの人気シリーズとなった。 役人としてはまだまだ未熟者であるとの考えからにはしていない。

15

三九郎同様、女好きで口の達者な三枚目。 幹太君は「チーム桃田」の一員として 渡辺勇大選手と夢のバドミントンドリームマッチ 日本を代表する渡辺勇大選手とシングルマッチできるなんてすばらしいプレゼント! ドリームマッチを終えて記念写真! 幹太君、バドミントンドリームマッチ見ました。 全国大会までにもっと精神面を鍛え、上位を目指したい」 同・熊井風音主将「3位はすごく悔しいし、満足していない。

鬼同心で悪人には容赦ないが、人情深く、子供には弱い。 相手のセンターにきれいに打てて、決まったのがよかったと思います。

49話のラストで隠密廻りに帰属したことがナレーションで語られた。 亡くなった父親は林田の人足寄せ場での同僚同心だった。 現チームの主な戦績 関東大会三連覇 インターハイ出場 春高バレー東京都予選優勝 現チームの特色 三年生が少ない中、若手がしっかりフォローしていて、非常にバランスのとれたチーム。

頭も切れ腕も立つ、同心部屋の切り込み隊長。 島津半蔵 - 露口茂 林田孫兵衛 - 小林桂樹 勘八 - 橋本功 嘉助 - 守田比呂也 六助 - 中原成男 留吉 - 西岡徳美 林田綾 - 瞳順子 おふじ - 藤江リカ 高瀬大四郎 - 小田敏治 ナレーター - 井上孝雄 放映リスト(第3シリーズ) [ ]• (全国大会では)高さを生かし、(準優勝だった)インターハイのリベンジをしたい」 東洋・赤羽博監督「チームに(3年生で主将の)竹内を春高に連れて行くという気持ちが強かった。

2

積極的に声を掛け合って戦意を高め、日本一を目指したい」 文京学院大女・吉田岳史監督「率直にうれしい。